2010年01月21日

ワクチンの勧奨復活で合意=日本脳炎めぐり−厚労省(時事通信)

 厚生労働省の厚生科学審議会日本脳炎小委員会は15日、2005年以降中止していた日本脳炎ワクチンの接種勧奨を一部復活させることで合意した。審議会の上部組織でさらに議論し、同省が最終決定する。
 日本脳炎ワクチンでは自治体から子供に対し接種勧奨を行っていたが、中学生に重い副作用が起き、同省は05年に勧奨を中止するよう通知。接種率が低迷し、免疫を持たない子供が増えたことが問題視されていた。昨年2月に副作用リスクが低いとみられる新しいワクチンが認可されたが、勧奨は取りやめたままで、接種率は伸びていなかった。 

【関連ニュース】
輸入ワクチン、初の特例承認=欧州2社の新型インフル用
ワクチン輸入、審議会が了承=初の特例承認、厚労相判断へ
国産か輸入、被接種者が選択可能=新型インフルワクチンで厚労省方針
ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者
新型インフルワクチン盗まれる=小児80人分、病院から

看護基礎教育改革の推進を文科相に要望―日看協(医療介護CBニュース)
「だて」なだるま作り=仙台〔地域〕(時事通信)
外国人参政権、通常国会に提出=平野官房長官(時事通信)
浜松で飲食店全焼、遺体は桑田真澄さんの父か(読売新聞)
速報や支援呼びかけでツイッターが活躍 ハイチ大地震(産経新聞)
posted by カンバラ ユウジ at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。